四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポインセチア
ポインセチア
学名:Euphorbia pulcherrima

トウダイグサ科ユーフォルビア属の常緑性低木

ヨーロッパではクリスマスに
キリストの血の色である
赤を飾る習慣があることから
苞が赤くなるこのポインセチアが
クリスマスに用いられるようになった

アメリカの駐メキシコ大使
ポインセット氏がメキシコで発見して
紹介ことから「ポインセチア」と呼ばれる

赤い部分は「苞(ほう)
=芽や蕾(つぼみ)を包み、保護する小形の葉」にあたり
初め真っ赤だったものが次第に緑色に変わっていくpoin0179b.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

まじまじと
ポインセチアの花をまじまじと見るのは初めてかも。いつも目に付いてたのは「ほう」だったのね。
tomkob | URL | 2010/12/27/Mon 23:11 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。