四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門松
門松

新年に、歳神を迎える依代(よりしろ)として
家々の門口に立てて飾る松。(広辞苑より)

初めは松を飾るのが慣わしだったが
室町時代には竹を添えるようになり
江戸時代になって梅が加わったとのこと

「松」は、四季を通じて葉が青々と茂り
 長く生きることにつながることに
「竹」は、重さににも耐える力強さや
 まっすぐに伸びることから人の心も
 それにあやかるようにということから
「梅」は、冬の寒さに耐えて
 他の花に先駆けて咲くことから
 人も同じように困難に耐えて生きるように
といった意味が込められている

さらに、「南天(なんてん)」
=難を転じて福となす
「万両」「千両」=商売繁盛などの願いから

などを加えて豪華に飾っているところもある門松

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。