四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の七草<撫子>
河原撫子(カワラナデシコ)
学名:Dianthus superbus var. longicalycinus

秋の七草のひとつの「河原撫子」
最近よく見かける「石竹」とも呼ばれる
「唐撫子」に対して
こちらは「大和撫子(ヤマトナデシコ)」と呼ばれる

桔梗と共に夏の初めから咲き始めている

とてもかわいい花なので
我が子を撫でるようにいとおしいと言うことから
「撫子」という名がついた 撫子
スポンサーサイト

秋の七草<葛>
葛(クズ)
学名:Pueraria lobata

マメ科クズ属の多年草

全国各地に分布し、7月から9月にかけて開花する
茎はつる状で他のものにからみついたり
地面をはったりしながら20m近く伸びる
花は1.8から2cm

根から葛粉をとり、葛切りや葛餅の材料にする葛

秋の七草<尾花>
尾花
学名:Miscanthus sinensis

秋の七草のひとつ
七草の歌の中で「尾花」と詠まれているのは
薄(ススキ)のこと
また「茅(カヤ)」とも呼ばれ
茅葺(カヤブキ)家の屋根をふく材料に使われた

全国の草地に生育する
イネ科ススキ属の多年生草本 尾花

秋の七草<萩>
秋の七草<萩>

秋の野に
 咲きたる花を
  指(および)折り
   かき数ふれば
    七種(ななくさ)の花

萩の花
 尾花葛花
  なでしこが花
    をみなへし 
     また藤袴 朝顔が花

と、これは山上憶良が万葉集で詠んだ秋の七草の歌

まずは萩から紹介します

萩(ハギ)
学名:Lespedeza

普通見かけるのはヤマハギ
ほかにマルバハギやミヤギノハギなど
多くの種類がある。

茎を切ると古株から芽が出ることから
「生え木(はえぎ)」
ということから「はぎ」になった
萩



彼岸花
彼岸花(ヒガンバナ)
学名:Lycoris radiata

秋のお彼岸に合わせるように
花を咲かせる「彼岸花」
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草

根に毒があるため
モグラなどに掘り起こされないように
田の畦やお墓などによく植えられていた
「ごんぎつね」の話の中でも
葬列を見送るごんの様子を
印象的に表現するのに用いられている

また炎のような花の形が火事を連想させるので
家の近くに植えるのは嫌われていた

一方、おめでたい事が起こる兆しに
天から降るおめでたい花という意味の
「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」
という別名もある 彼岸花
Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。