四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山茶花「富士の峰」
山茶花(富士の峰)
学名 Camellia sasanqua ‘Fujinomine’

真っ白な花びらが美しい山茶花
富士山の頂に積もった真っ白な雪をイメージして
「富士の峰」と命名された山茶花
スポンサーサイト

寒椿
カンツバキ(寒椿)
学名 Camellia hiemalis Nakai

中国から輸入された交雑種
花は紅色の八重咲きで
枝は横に伸び背丈があまり高くならず
道路と歩道の間の植え込みなどによく利用される

12月ごろから3月ごろまで花が咲く寒椿

シャコバサボテン
シャコバサボテン
学名:Schlumbergera truncata

ブラジル原産のサボテン科
シュルンベルギア属の常緑多肉性草本

葉の形が蝦蛄(シャコ)に似ていることから
「シャコバサボテン」
またクリスマスのころ咲くことから
「クリスマスカクタス」
「デンマークカクタス」という呼び名もあるシャコバサボテン

シクラメン
シクラメン
学名:Cyclamen persicum

中近東から地中海地方にかけてが原産の
サクラソウ科シクラメン属の多年草

花弁が反り返って下向きに咲き
しべを雨から守っている

また反り返った花弁の様子から
「篝火花(かがりびばな)」という名もあるシクラメン

ポインセチア
ポインセチア
学名:Euphorbia pulcherrima

トウダイグサ科ユーフォルビア属の常緑性低木

ヨーロッパではクリスマスに
キリストの血の色である
赤を飾る習慣があることから
苞が赤くなるこのポインセチアが
クリスマスに用いられるようになった

アメリカの駐メキシコ大使
ポインセット氏がメキシコで発見して
紹介ことから「ポインセチア」と呼ばれる

赤い部分は「苞(ほう)
=芽や蕾(つぼみ)を包み、保護する小形の葉」にあたり
初め真っ赤だったものが次第に緑色に変わっていくポインセチア
Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。