四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニヒモノキ
紅紐の木(ベニヒモノキ)
学名:Acalypha hispida

西インド諸島原産のトウダイグサ科の常緑性低木
長いものになると50cm近い房が
垂れ下がる ベニヒモノキ
スポンサーサイト

ブーゲンビリア
ブーゲンビリア
学名:Bougainvillea glabra

中央アメリカ・南アメリカの熱帯雨林原産の
ナデシコ目オシロイバナ科
ブーゲンビリア属の低木

ピンクの花びらのように見えるのは苞で
中央の白い部分が花になるブーゲンビリア

ハイビスカス
ハイビスカス
学名:Hibiscus hybridus

ハイビスカスはアオイ科の花

アオイ科には「ムクゲ」「フヨウ」
「ハマボウ」「モミジアオイ」「ケナフ」など
たくさんの仲間があるが
すっと伸びためしべと
その下についたおしべの様子がよく似ている ハイビスカス

フウリンブッソウゲ
風鈴仏桑華(フウリンブッソウゲ)
学名:Hibiscus schizopetalus

東アフリカ原産でハイビスカスの仲間
風鈴によく似た姿をしているところから
風鈴の名が冠せられた
仏桑華とはハイビスカスのこと

フウリンブッソウゲ

ツユクサ
露草(ツユクサ)
学名:Commelia communis

ツユクサ科の1年草
花弁は3枚だが羽のように広がった
鮮やかな上の青い花弁に対し
下の1枚は白く小さくて目立たない

花から取れる青い汁は
水にひたすと色が抜けることから
布地の下絵を描くのに用いられた ツユクサ

モミジアオイ
紅葉葵(モミジアオイ)
学名:Hibiscus caccineus

北アメリカ原産のアオイ科の花
葉がモミジのように5つに別れたアオイ科の花
ということでこの名がついた

他のあおい科の花同様
夏を感じさせる色と形をしている

モミジアオイ

ガマ
蒲(ガマ)
学名:Typha latifolia

日本各地の池や沼などの水辺に生える
ガマ科ガマ属の多年草
棒状になった部分は雌花の集まりで
秋になると綿状になり風に乗って
種を遠くに飛ばす

花粉は傷薬として用いられたり
利尿作用、通経作用がある内服薬とされる

ガマ

オミナエシ
女郎花(オミナエシ)
学名:Patrinia scabiosaefolia

秋の七草のひとつ

オミナエシ科オミナエシ属の多年草
全国各地に分布し、8月から10月に開花する

花が咲いた様子を粟飯に見立て
オミナメシ(女飯)といったところから
オミナエシになったとのこと

オミナエシ

ヌマトラノオ
沼虎の尾(ヌマトラノオ)
学名:Lysimachia fortunei

本州以西から、朝鮮、中国、インドシナの
山野の湿地や田のあぜなどに生える
サクラソウ科オカトラノオ属の多年生の草本

ヌマトラノオ

細葉沙参(サイヨウシャジン)
細葉沙参(サイヨウシャジン)
学名:Adenophora triphylla var. triphylla

キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草
中国地方以西、九州、沖縄から中国にかけて分布

ツリガネニンジンに似ているが
サイヨウシャジンは花冠の先端がすぼまり
しべが長く突出している
サイヨウシャジン

小鬼百合(コオニユリ)
小鬼百合(コオニユリ)
学名:Lilium leichtlinii var. tigrinum

全国の湿原のや湿った草原に生育する
ユリ科ユリ属の多年生草本

花言葉は
「愉快」「華麗」「陽気」
「賢者」「富と誇り」などがある

小鬼百合
ここ

サギソウ
鷺草(サギソウ)
学名:Habenaria radiata

日当たりのよい湿地に生えるラン科の多年草
白鷺が羽を広げて飛ぶような
美しい姿をしているところから
この名がついた

*****************************

PCを使った大きな仕事が続き
プライベートなPCの利用はしばらくお休みしていました
今日は、樫原湿原に行ってサギソウなどを撮ってきました
久しぶりのブログのアップです。
また、昨日新しいPC(vista)を購入し
昨日は半日セットアップに時間を要しました
今日は新しいPCからのアップになります

サギソウ
Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。