四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルドベキア
ルドベキア
学名:Rudbeckia

キク科オオハンゴンソウ属
北アメリカ原産で明治中期に渡来した

一年草のものや宿根草のものなど
様々な種類のものがある

ルドベキア
スポンサーサイト

桔梗
秋の野に
咲きたる花を
指(および)折り
かき数ふれば
七種(ななくさ)の花

萩の花
尾花葛花
なでしこが花
をみなへし 
また藤袴 朝顔が花

と、これは山上憶良が万葉集で詠んだ秋の七草の歌
ここに登場する「朝顔が花」というのは
今「朝顔」と呼ばれている花ではなく
「桔梗」のこととみられている

桔梗(キキョウ)
学名:Platycodon grandiflorum

日本全土から中国にかけて分布する
キキョウ科キキョウ属の多年性草本植物

桔梗

河原撫子
河原撫子(カワラナデシコ)
学名:Dianthus superbus var. longicalycinus

秋の七草のひとつの「河原撫子」
最近よく見かける「石竹」とも呼ばれる
「唐撫子」に対して
こちらは「大和撫子(ヤマトナデシコ)」と呼ばれる

桔梗と共に夏の初めから咲き始めている

とてもかわいい花なので
我が子を撫でるようにいとおしいと言うことから
「撫子」という名がついた

河原撫子

時計草
時計草(トケイソウ)
学名:Passiflora caerulea

まるでパラボラアンテナのような
ユニークな形の花
ブラジル原産の
トケイソウ科トケイソウ属のつる性常緑宿根草

しべを針に見立て「時計草」
英名はパッション・フラワー
Passion = キリストの受難で
しべを十字架にかけられたキリストに見立て
放射状にひろがる部分を後光に見立てて
この名が付けられた

このようにユニークな形から
名前がつけられている

時計草

トルコキキョウ
トルコキキョウ
学名:Eustoma russellianum

1930年代に日本に渡来
初めは紫系の一重咲きのものしかなかったが
1970年代から様々な種類のものが作り出され
この10年くらいの間に広く親しまれるようになってきた

トルコキキョウ

トルコキキョウ
トルコキキョウ
学名:Eustoma russellianum

アメリカ原産のリンドウ科
トルコギキョウ属の多年草

開く前の花の形が
ターバンのように見えるところから「トルコ」
花自体がキキョウに似ているところから
「キキョウ」
両者が合わさって「トルコキキョウ」になったとのこと

トルコキキョウ

常盤露草
常盤露草(トキワツユクサ)
学名:Tradescantia flumiensis

南アメリカ原産の
ツユクサ科ムラサキツユクサ属
の常緑の多年草

昭和初期に園芸用としてもたらされた後野生化し
今では各地の野原や道端に見られるようになった

別名「野博多唐草(ノハカタカラクサ)」

常盤露草

ハマボウ
浜朴(ハマボウ)
学名:Hibiscus hamabo

アオイ科フヨウ属の落葉低木

日本原産のハイビスカスの仲間で
関東以西の河口付近に自生するものが見られたが
近年その自生地が減ってきているとのこと

ハマボウ

ボリジ
ボリジ
学名:Borago officinalis

地中海沿岸原産のムラサキ科の1年草

青紫色で星型の花が特徴のボリジ
若葉だけでなく花も食べることができるので
サラダやデザートの飾りにも用いられる

またその昔
貴族達がこの花をワインに浮かべ
色や香りを楽しんだとのこと ボリジ

コリアンダー
コリアンダー
学名:Coriandrum sativum

地中海沿岸原産のセリ科の1年草

葉には独特の香りがあり、肉や魚料理に用いられ
種子はスパイスとしてカレーやピクルスなどに使われるコリアンダー

マーレイン
マーレイン
学名:Verbascum thapsus

ヨーロッパ原産のゴマノハグサ科の2~多年草
ドライフラワーにしたり、薬用として用いられたりする

よく燃える葉は、かつてたばこやたいまつに使われた

別名「ビロードモウズイカ」「キャンドルウィック」

マーレイン

チコリ
チコリ
学名 Cichorium intybus
和名 菊苦菜(キクニガナ)

北ヨーロッパ原産のハーブのひとつ。
チコリには多くの種類があり、
葉を食べる品種、軟白葉を食べる品種、
根を食べる品種などがある。
また、花はサラダや砂糖漬けに、
蕾はピクルスにして
さらに大きく肥大した根は
煎ってコーヒーの代用品として利用できるとのことチコリ

ニゲラ
ニゲラ
学名:Nigella damascena

地中海沿岸から西アジア原産の
キンポウゲ科ニゲラ属の一年草


タネが黒いことから黒種草(クロタネソウ)とも呼ばれ
その種は香辛料としても使われるnigella0341b.jpg

マロウ
マロウ
学名:Malva syivestris

ヨーロッパ原産のアオイ科の多年草
別名を「ウスベニアオイ」という

ハーブの一種で料理やお茶薬として用いられる
「サプライズティ」とも呼ばれ
きれいな青色をしているがレモンを加えると
ピンク色に変化する マロウ
Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。