四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーガレット
マーガレット
学名:Chrysanthemum frutesceus

カナリア諸島原産のキク科キク属の半耐寒性多年草
明治時代に日本に渡来

「マーガレット」の名はギリシャ語の
「マルガリーテス(真珠)」に由来
別名を「木春菊(もくしゅんぎく)」という

白、黄色、ピンクなどのものがある
花言葉は「真実の友情」「恋を占う」など

「好き」「嫌い」と花びらを使って
恋占いをするのはこの花
マーガレット
スポンサーサイト

5月14日の夕食
スパゲッティ<牛肉・人参・ピーマン・たまねぎ>
キンピラ<ごぼう・人参・ゴマ>
ネギの酢味噌和え<ネギ>
タケノコの煮付け<タケノコ>
サラダ<キャベツ・きゅうり・ジャガイモ・人参・魚肉ハム・サラダ棒>
味噌汁<ナス・春菊・うすあげ>

*********************************************************

明日、退院した父と共に家族が帰ってくるので
手作り夕食は今日で終了
最後は先日食材をみじん切りにして
あまりおいしくなかったナポリタン
今日は食材を思い切り大きめに
食べたいものを食べたい形で食べたので
とてもおいしく感じました

5月14日

小手毬
小手鞠(コデマリ)
学名:Spiraea cantoniensis

中国原産のバラ科シモツケ属の落葉広葉低木
5弁の白い花がまるで手毬のように丸くなって咲き
それがたくさん連なっている

「鈴懸(スズカケ)」という別名もある

小手毬

5月13日の夕食
三色ご飯<牛ひき肉・卵・のり・かいわれ>
かぼちゃの煮つけ<かぼちゃ>
ねぎの酢味噌和え<ねぎ・ごま>
煮物<しいたけ・舞茸・タケノコ・山椒>
味噌汁<うすあげ・たまねぎ・春菊>

***********************************

昨日の麻婆茄子のために買ったひき肉
1パック全部では多いので今日はその残りで三色ご飯
でも、今度はちょっと少なすぎました。
一人分の食材を買うのは苦労します

5月13日の夕食



リビングストンデージー
リビングストンデージー
学名:Dorotheanthus bellidiformis

南アフリカ原産の
ツルナ科ドロテアンツス属の1年草

白、ピンク、黄色、オレンジ色など
カラフルな花が
すき間なく広がって咲き
春の花壇を飾ってくれる
デージー

5月12日の夕食
麻婆茄子<なす・ピーマン・牛ひき肉サラダ菜>
てんぷら<ごぼう・人参・たまねぎ・かぼちゃ・サツマイモ・しいたけ・舞茸・海老・貝・イカ・大根>
味噌汁<春菊・しいたけ・うすあげ>

5月12日


シラー
シラー・ペルビアナ
学名:Scilla peruviana

地中海沿岸原産のユリ科ツルボ属の球根植物
星型の花がまるでピラミッドのように
積み重なって咲く

スキラと呼ばれることもある

シラー

土鍋のご飯
夕食シリーズ
ご飯はずっと土鍋で炊いています

初めは火が強すぎて結構こがしていましたが
いろいろ試して弱火で炊いたほうがいいことが分かり
最近はまあまあうまく炊けています。

でも、料理をしながら勘で火をとめるので
ある日はこげができたり、ある日は少し柔らかかったり
ご飯一つも難しいものです

土鍋

5月11日の夕食
回鍋肉<豚肉・キャベツ・ピーマン・白菜>
野菜炒め<かぼちゃ・人参・サツマイモ>
酢味噌あえ<ほうれん草・春菊・ごま>
味噌汁<白菜・春菊・うすあげ>

5月11日


二色空木
二色空木(ニシキウツギ)
学名:Weigela decora

スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木

宮城県あたりより南の山地に見られる
昨日の箱根空木と同様に
初め白い花が咲き
それが次第に紅色に変化していく
二色空木

5月10日の夕食
ミートボール<牛肉・チーズ・卵>
サラダ<サラダ菜・キャベツ・きゅうり・卵・ハム>
胡麻和え<春菊・ごま>
納豆<納豆・ねぎ>
味噌汁<ほうれん草・えのきだけ・うすあげ>

5月10日


箱根空木
箱根空木(ハコネウツギ)
学名:Weigela coraeensis Thunb.

スイカズラ科タニウツギ属

北海道南部から九州にかけての
海岸近くに生育している

花は初め白かったものが
紅色に変化する箱根空木

5月9日の夕食
きのこなべ<しいたけ・えのきだけ・舞茸・白菜・春菊・人参・ネギ・豚肉・大根>
バター炒め<かぼちゃ・さつまいも・人参・サラダ菜・かいわれ>
つけもの<大根・ナス=自家製>

5月9日


リラ
リラ
学名:Syringa vulgaris

モクセイ科の花で別名を「ライラック」という

札幌市の花で、毎年5月には
「札幌ライラックまつり」が開かれる

紫のリラの花言葉は
「恋愛のはじめての喜び」「若者の無邪気さ」
「初恋」「謙遜」など

フランスで「リラの咲く頃」というと
気候が一番良い頃のこと
リラ

5月8日の夕食
スクランブルエッグ<卵・人参・コーン・グリーンピース・サラダ菜>
からあげ <鶏肉>
海老の蒸し焼き<海老>
サラダ<キャベツ・きゅうり・トマト・大根・かいわれ>
酢味噌和え<ほうれん草・ゴマ>
納豆<納豆・しらす干し・ねぎ>
味噌汁<白菜・ほうれん草>

5月8日

クレマチス
クレマチス
学名:Clematis

キンポウゲ科センニンソウ属の蔓性多年草

花びらのように見えるのはがくで
それが6枚ものを「鉄線(てっせん)」
8枚ものを「風車(かざぐるま)」と呼び
その2つを「クレマチス」と呼ぶとのこと。
クレマチス

5月7日
筑前煮<鶏肉・ごぼう・タケノコ・人参・こんにゃく・かいわれ>
バター炒め<サツマイモ・人参・しいたけ・ナス・サラダ菜・サラダ棒>
味噌汁<白菜・ほうれん草・ちくわ>
納豆<納豆・大根・ねぎ>
つけもの<大根>
0507bb

ヒメツルソバ
姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)
学名:Polygonum capitatum

インド北部からヒマラヤ原産の
タデ科イヌダテ属の常緑多年草
暖かい地方では1年中見ることができる。
花言葉は「愛らしい」「気がきく」など
ヒメツルソバ

5月6日の夕食
豚汁<豚肉・大根・レンコン・ごぼう・人参・こんにゃく・舞茸・えのきだけ・しいたけ・ねぎ>
からし味噌あえ<ほうれん草・茄子・ごま>
サラダ<キャベツ・きゅうり・ハム>
つけもの<大根=自家製>5月6日


ニワゼキショウ
庭石菖(ニワゼキショウ)
学名:Sisyrinchium rosulatum

北アメリカ原産のアヤメ科ニワゼキショウ属の多年草
繁殖力が旺盛で野生化し
芝の間ややせた土地に広がっている

細い葉が「石菖」に似ていて
庭などに見られるところから「庭石菖」と名付けられた
ニワゼキショウ

5月5日の夕食
いわしの蒲焼(缶詰)
海老の酒蒸し<海老・キャベツ・きゅうり>
煮物<タケノコ・舞茸・山椒・鰹節>
お吸い物<えのきだけ・わかめ・ねぎ・ちくわ>

**************************************

グリルの調子が悪く、網で魚を焼くと煙がすごいので
今日は缶詰を利用
いわしの蒲焼、長いこと食べてなかったので懐かしかったです。5月5日

オキナグサ
翁草(オキナグサ)
学名:Pulsatilla cernua

キンポウゲ科の多年草。
かつては本州以南の各地に見られたが
近年その姿をあまり見かけなくなってきた。

花が咲いた後、この写真のように
ひげのような長い毛を伸ばす。
やがてこの毛から細かい綿毛が出て
それが風に乗って飛んでいく
オキナグサ

5月4日の夕食
マーガリン炒め<豚肉・人参・タケノコ・さつまいも・ほうれん草・茄子>
サラダ<キャベツ・きゅうり・サラダ棒>
味噌汁<えのき・舞茸・ねぎ・ちくわ>
つけのも<きゅうり・茄子=自家製>

******************************************************
本当はバーター炒めにしたかったけれど
バターがないのでマーガリンで
でも、こちらの方が健康にいいかな?

5月4日


ナンジャモンジャ
ヒトツバタコ
学名:Chionanthus retusus

遠目に、木全体が白く見え
近づいてよく見ると白いリボンのような花が咲いているので
「これは何だ?」という意味から
別名を「ナンジャモンジャ」という

「ナンジャモンジャ」と呼ばれるものは
地方によってこの木以外にもあるとのこと

学名は「雪のように白い花を持つ」という意味があり
たくさんの白い花が咲いた様子は
まるで木に雪が積もったように見える

一つ一つの花は十文字の形をしていて
風が吹いたりするとそれが竹とんぼのように
くるくる回りながら舞い落ちてくる
ナンジャモンジャ

5月3日の夕食
てんぷら<豚肉・タケノコ・茄子・さつまいも・ごぼう・人参・たまねぎ・舞茸・
サラダ菜・大根>
胡麻和え<ほうれんそう・ごま>
味噌汁<えのき・ほうれんそう・うすあげ>
つけもの<きゅうり=自家製>

5月3日


蓮華草
蓮華草(レンゲソウ)
学名:Astragalus sinicus

マメ科ゲンゲ属の1・2年草

中国原産で室町時代に渡来
以来、田の肥料あるいは家畜の飼料
として栽培されてきた

かつては日本の初夏を彩る風景だったが
化学肥料が使われるようになり
姿を見かけることが減ってきた蓮華草

5月2日の夕食
オムレツ<たまねぎ・人参・ピーマン・ハム>
サラダ<キャベツ・きゅうり・ハム>
スープ<豚肉・じゃがいも・人参・たまねぎ・かいわれ・牛乳>5月2日


カラスノエンドウ
カラスノエンドウ
学名:Vicia sepium

本州以南の日本各地の道端や空き地に
普通に見られるマメ科ソラマメ属の一年生草本

別名は矢筈豌豆(ヤハズエンドウ)

このカラスノエンドウの若い実の種を取り去り
笛にして遊ぶことが出来
子どもたちは「ピーピー豆」と呼んでいる(福岡)
カラスノエンドウ

5月1日の夕食
焼き魚<さけ>
酒蒸し<海老・じゃがいも・人参・レタス>
味噌汁<ほうれん草・えのき・ネギ>
大根おろし<大根・しらす干し・かいわれ>

5月1日


つつじ
躑躅(つつじ)
学名:Rhododendron pulchrum

初夏の街を彩る代表的な花、ツツジ。
ツツジ科ツツジ属の落葉低木

ヤマツツジ、クルメツツジ、キリシマツツジ
など様々ものがあり
さらに多くの園芸品種も作出されているツツジ
Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。