四季折々の草花の写真集です

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーモンド
アーモンド
学名:Prunus dulcis

西アジア原産のバラ科サクラ属の落葉高木
果肉は薄く、食用にならないが
種の殻を取り除いた部分が食用になるアーモンド
スポンサーサイト

ムスカリ
ムスカリ
学名:Muscari armeniacum

地中海から西アジア原産の
ユリ科の多年草
小さな花が鈴なりになるのが
可愛らしく人気がある

また花の様子から
「グレープヒヤシンス」という別名もある

花言葉は「失望」「失意」などだが
「通じ合う心」「寛大な愛」「明るい未来」
とするものもある ムスカリ

スノーフレーク
スノーフレーク
学名:Leucojum aestivum

スズランのような小さな花が
咲くスノーフレーク
花びらの緑の模様がチャームポイント

南ヨーロッパに自生する
ヒガンバナ科の花

「大待雪草」「スズランズイセン」という
別名も持っている
スノーフレーク

大根
大根
学名:Raphanus sativus

アブラナ科ダイコン属の一年草
中央アジアから地中海地方にかけてが原産で、
中国を経由して奈良時代に日本に渡来した

野菜として食する大根も
そのまま育てると茎が伸び
やがて白や薄紫の花が開く大根

杏(アンズ)
学名:Prunus armeniaca

バラ科サクラ属の落葉小高木
桜の花そっくりな杏
桜より少し早く開花する

その実はアプリコットとも呼ばれ食用になる
また、種子は生薬キョウニン(杏仁)と称し
漢方薬として用いられる

昔、中国の呉という国で
董奉(とうほう)という医者が
貧乏人から費用をとらず治療をするかわりに
杏の苗を植えさせた。
やがて、家のまわりに杏の林ができた
これが有名な「杏林伝説」で
「杏林」というと名医をさす 杏

肥前真弓の実
肥前真弓
学名:Euonymus chibae

九州地方以南に自生する
ニシキギ科ニシキギ属の常緑小高木

真弓より少し大きな実をつける肥前真弓

トクサ
砥草(トクサ)
学名:Equisetum hyemale

土筆(つくし)と同じトクサ科トクサ属の
常緑のシダ植物で
頭の部分がつくしによく似ている

ざらざらした茎を木材や骨などを磨くのに
用いたことから砥草と呼ばれている
トクサ

錦木蓮
錦木蓮(ニシキモクレン)
学名:Magnolia×soulangiana

19世紀にヨーロッパで作り出された
モクレン(シモクレン)とハクモクレンとの雑種
花弁の外が紫、中が白で
遠くから見ると2色の取り合わせがとても美しい

インターネットで「シモクレン」を検索すると
裏が白いものを「紫木蓮」としているサイトが多いが
それは「唐木蓮(トウモクレン)」「錦木蓮(ニシキモクレン)」で
本当の「木蓮」は表も裏も紫色のもの 錦木蓮

白木蓮
白木蓮(ハクモクレン)
学名:Magnolia heptapeta

モクレン科モクレン属
中国原産で、芳香のある白い花が咲く

辛夷(コブシ)に似ているが
白木蓮は花が上向きに閉じたような形で咲き
全開しないため
花の中を見ることは少ない白木蓮

土筆
土筆(つくし)
スギナの学名:Equisetum arvense

トクサ科トクサ属の杉菜(スギナ)の胞子茎

「つくし」の名は
船が港へ入る通路を示した杭の
「澪標(みおつくし)」から、
スギナについて生えることから「付く子」、
土を付いて出てくることから「突く子」、
からついたなどの説がある

また「土筆」の文字は
土にさした筆のように見えるところから 土筆

浜木綿
浜木綿(ハマユウ)
学名:Crinum asiaticum var. japonica
別名:浜万年青(ハマオモト)

年間の平均気温が15℃の等温線の南側の
海岸線などに分布するヒガンバナ科のハマユウ
ハマユウといえば白い花だが
このように赤い花もある 浜木綿

ポピー
ポピー
別名 雛罌粟(ひなげし)、愚美人草
学名 Papaver rhoca

ヨーロッパ原産のケシ科ケシ属の一年草
江戸時代に渡来

アイスランドポピー、オリエンタルポピー
シベリアヒナゲシ、長実雛罌粟(ながみひなげし)など
いろいろな仲間がある

スペインでは「アマポーラ」
フランスでは「コクリコ」
と呼ばれる。
ポピー

ポピー
ポピー
別名 雛罌粟(ひなげし)、愚美人草
学名 Papaver rhoeas

楚(そ)の国の項羽(こうう)と
漢の国の劉邦(りゅうほう)の戦いのとき
楚の項羽は愛する虞とともに漢の大軍に包囲された

項羽は別れの宴をして最後の出撃をし
虞も自刃して殉じたが、
彼女のあとにヒナゲシの美しい花が咲いた

そのため人々はこの花を
「虞美人草(ぐびじんそう)」と呼んだ ポピー

アセビ
馬酔木(アセビ)
学名:Pieris japonica

ツツジ科の常緑低木
早春に小さなランプのような
かわいい花をたくさんつけ
秋に実をつける

アセビには毒があり、馬がこの葉を食べると
酔ったようになるところから
「馬酔木」となった アセビ

ビオラ
ビオラ
学名:Viola×wittrockiana

スミレ科の耐寒性一年草
一般的には花径4cm以上のものを「パンジー」
それ以下の小輪品種もものを「ビオラ」と呼んでいるビオラ

カンザキアヤメ
寒咲菖蒲(カンザキアヤメ)
学名:Iris unguicularis

地中海から西アジア原産の
アヤメ科アヤメ属常緑多年草

12月ごろから3月にかけて
寒さに負けず花を咲かせる寒咲菖蒲

普通の菖蒲より草丈が短いカンザキアヤメ

ラナンキュラス
ラナンキュラス
学名:Ranunculus asiaticus

赤・ピンク・黄・白など
多くの色のものがあるラナンキュラス
「ペルシャ系,トルコ系,フレンチ系」
という分け方をしたり
「ビクトリアストレイン系=巨大輪万重咲
 ドリーマー系=オールドローズのような形の巨大輪
 ドワーフ系=草丈25cm程度の矮性種
 浜の虹系
 ワンダーランド系 」
という分け方をしたりするとのこと ラナンキュラス

ラナンキュラス
ラナンキュラス
学名:Ranunculus asiaticus

中近東やヨーロッパ東部の原産の
キンポウゲ科キンポウゲ属の半耐寒性多年草

和名は「花金鳳花(はなきんぽうげ)」
幾重にも花びらが重なった姿が特徴ラナンキュラス

沈丁花
沈丁花(ジンチョウゲ)
学名:Daphne odora

辺り一面に芳香を漂わせ
少し離れていてもその存在がわかる沈丁花

沈香(ジンコウ)という香木の香りに似
葉の形が丁子(チョウジ)似ているところから
「沈丁花」と名づけられた

中国原産で室町時代に渡来
中国では「瑞香(ズイコウ)」と
こちらも香りに由来した名を持っている沈丁花

バナナの花と実
バナナ
学名:Musa spp.

昨日の花が受粉すると
花の付け根が膨らみ実がなるバナナ

バナナ
バナナ
学名:Musa spp.

バショウ科バショウ属の多年生草本

黄色い実がなるためのバナナの花が
上の方についている
大きな苞の中に次の花がかくれていて
苞が開くと次の花が咲くバナナ

トラデスカンティア・シラモンタナ
トラデスカンティア・シラモンタナ
学名:Tradescantia sillamontana Matuda

メキシコ原産の
ツユクサ科トラデスカンティア属の多年草

葉や茎に白っぽい毛が生えていることから
「白毛露草」とも呼ばれるとのことシラモンタナ

カラテア
カラテア
学名:Calathea

ブラジル原産のクズウコン科カラテア属の常緑多年草

葉にきれいな模様が入り
観葉植物として親しまれている

カラテアには多くの仲間があり
この花には「クワドリカラー」と表示があった
カラテア

ボロニア
ボロニア・ヘテロフィラ
学名: Boronia heterophylla

ボロニアには、赤・ピンク・紫・白などの色の花があり
柑橘系特有の芳香がある

比較的新しい鉢花で十年くらい前から
見られるようになったboronia

ボロニア
ボロニア・ヘテロフィラ
学名:Boronia heterophylla

ミカン科ボロニア属の非耐寒性常緑小低木
オーストラリア原産で春先に
スズランに似た花を咲かせ
ピグミーランタン(小人のちょうちん)
とも呼ばれるボロニア

木瓜
木瓜(ボケ)
学名: Chaenomeles speciosa

11月頃から咲き出す寒木瓜と
春に開花するものとがある
中国原産のバラ科の花

実が瓜のような形であるところから「木瓜」
これを「もっけ」と呼んでいたのが
やがて「ぼけ」に変化したとのこと 木瓜

カヤツリグサ
蚊帳吊り草(カヤツリグサ)
学名:Cyperus microiria

カヤツリグサ科カヤツリグサ属
各地の山野に生える多年草カヤツリグサ
Copyright © 四季の草花写真集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。